エッセイ『どうぶつの目医者さん No.24』

眼科ケアエッセイ『どうぶつの目医者さん No.24』(眼科ケア誌)の12月号が出ました。
第24回目のご紹介は『眼付属器、瞬膜の新生物』です。
瞬膜は人にはありません。犬や猫など動物特有の眼付属器官です。涙の一成分を出したり、瞬時に目の表面を覆うことができ、保護する働きもあります。
悪性黒色腫(メラノーマ)は目にまれにみられる腫瘍ですが、この瞬膜に発生したものはめずらしいケースと思われます。眼球の全摘出ではなく、何とか病変部のみの摘出をと希望される飼い主様のご要望に沿うよう、それに挑戦し、うまくいったケースです。手術に当たっては広め広めの切除を心掛け何とか無事に終わり、その後も再発せずに効を奏しています。ペットも人も年をとるといろいろな障害が出てきます。

日曜日午後2:40~4:10は猫の診療予約を行っています。診療時間 緊急時は、休診日(木曜、日曜午後、祝日)でも診療を受付けます(休日診対応)。042-349-7661へお電話ください。 ネコの予約診療